K介の「タダ読み。」

タダで読めて、K介が面白いと感じたマンガを紹介します。

無料でマンガを読みたい人のためのウェブサイト・アプリ一覧

マンガの多くはシリーズとして数巻に渡って続くもの。気になるマンガはあるけれど、出来れば読んでから買うか買わないかを判断したい…。そんなみなさんのために、今回はマンガをタダで読むことができるサイトやアプリの有名どころを紹介します。これだけ抑えておけば、タダ読みに困ることはまずないと思います。どれも違法性のないものですから、安心して利用できますよ!

Amazon Kindleストア「おすすめ無料コミック」

まずはお馴染みのアマゾン。実は、Kindleストアでは無料で読めるマンガが結構な数あるんです。

特徴としては、

  • いろいろなマンガの1巻を無料で読める。
  • アニメ放送中の作品の第1巻など、話題性のある作品が読める。
  • マンガは基本的に期間限定。定期的に無料で読める作品が更新される。
  • 1冊ごとにダウンロードする必要がある。

まず、話題性のある作品を読むことができるのがうれしいですね。それも、1巻まるごとというのがすごい。また、1冊ごとにダウンロードする必要がある、と聞くと手間がかかってめんどくさいと感じるかもしれませんが、むしろこれはメリットであると言えます。なぜなら、一回ダウンロードしておけば、後はインターネットに繋がっていない状況でもその作品を読むことができるからです。ある意味では、通信制限に苦しんでいる人におすすめですね。

※ダウンロードの際には、コミック版ではなくKindleを選択しているか、必ずチェックしましょう。

 

ウェブサイト

Amazon.co.jp: 無料コミック: Kindleストア

 

アプリ

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kcp

YAHOO! Japan ブックストア「今だけ1冊まるごと無料!」

検索エンジンをはじめ、ヤフオクやヤフーニュースなどでお馴染みのYahoo!ですが、ブックストアもやっています。そのサービスの一貫として提供されているのが「今だけ1冊まるごと無料!」というもの。

特徴としては、

  • いろいろなマンガの1巻を無料で読める。
  • ログイン特典として見られる作品とログインなしで見られる作品がある。
  • マンガは期間限定。定期的に無料で読める作品が更新される。
  • 取り扱っているマンガはやや昔のものが多い。

取り扱っているマンガはやや昔のが多いため、あっ、これ懐かしいなぁ!と感じる作品が見つかるかも。一方で、今話題の作品が読みたいんだ!という人には不向きとも言えます。アマゾンのKindleストアと異なり、こちらはダウンロードが不要です。気になったマンガをクリックすればすぐに読めるので、ダウンロードが手間だと感じる人にはおすすめです。

 

ウェブサイト

bookstore.yahoo.co.jp

 

アプリ

bookstore.yahoo.co.jp

ニコニコ静止画

ニコニコ動画を知っている人は一定数いると思いますが、ニコニコ静画はどうでしょうか?ニコニコ静画ではマンガ、イラスト、電子書籍の3ジャンルを楽しむことができます。その中でも今回はマンガに焦点を当てていきます。

特徴としては、

  • マチュアから商業作家まで様々な作品が読める。
  • 複数の出版社の公式マンガを読める。
  • 公式マンガで読めるのは基本的に最初の数話+最新話。

ニコニコ静画は掲載されている作品数が非常に多く、暇つぶしに重宝します。アニメ化が決定したマンガなど話題性のあるものも読めるのがありがたい。アマチュアの作品でも面白いものは意外とあるので、掘り出し物が見つかることも。ただし、公式マンガに分類されている作品は全話無料というわけではないので、物足りないと感じる人はいるかもしれません。

 

ウェブサイト

seiga.nicovideo.jp

 

アプリ

 

play.google.com

pixivコミック

こちらも大手のコミックサイトです。イメージはニコニコ静画に近いです。

特徴としては、

  • マチュアから商業作家まで様々な作品が読める。
  • 複数の出版社の公式マンガを読める。
  • 公式マンガで読めるのは基本的に最初の数話+最新話。

あれ、ニコニコ静画と全く同じだな…。まぁ実際、ほとんど差はないと思います。pixivコミックとニコニコ静画の両方に掲載されているマンガもあります。ただ、どちらかでしか読めないエピソードもたまにあります。とりあえずは両方使ってみて、自分に合った方を選べば良いのではないかと思います。

 

ウェブサイト

comic.pixiv.net

 

アプリ

 

play.google.com

まとめ

いかがでしたか? 今回は有名どころに絞ってタダ読み系サイトを紹介してみました。本記事で取り上げたのはいろいろな出版社の作品を総合的に取り扱う感じのサイトでした。このほかにも、出版社の運営しているコミックサイトでは、無料で多くのエピソードを読めるものもあります。それらは種類がとても多いので、自分一人では紹介しきれません。今回紹介したような総合系から入って、もう少しコアな作品も読みたいな…と思うようになったら、個別に出版社系マンガサイトを当たってみるのも面白いと思います。それでは。